巣立ち

今、長男は広島の呉に二週間、会社の研修に行ってます。
今日は仲間達と広島カープの試合観戦に行ったとか。
次男坊は野球ファンなので「今日はドラフト一位の福井が初先発だからいい試合なんじゃないの?」なんて言ってましたがワタシ野球観ないから全然知らない。でもって長男も野球観ないので面白いのかなぁ・・・・

子供が独立する前、色々な人から寂しいのではないか?と心配されましたが全くそのようなことがありません。
だって日々、自分のことで精一杯なんですもん。

むしろホッとしたというか、家事が少し楽になって良かったな〜〜とか。
洗濯物も一日おきでも済むし、食費も少しは浮くかな?とか
高い学費からも解放されたと思うだけで心が軽い。。(次男の予備校費はすでに一年分収めた。これからまだオプションがかかると思うけど、とりあえず毎年150万円の重荷は無くなった。)

ーーーなんか親子の情が薄いのかしらん?
表面的にはそう見えるかもしれないですが、何かあった時はもちろん救いの手を差し伸べたいです。が、あくまで補助。

理系の大学だったせいか、普段から帰りも遅く、故に家にいる時間も少なく、ホント顔を合わせるのは
夕飯時とか一時間あるかないかだったので、早くから耐性ができてたと思います。
高校時代は山岳部でよく泊まり込みで出かけてたし。あの時の方が心配もあって気になりました。
どちらかというと旦那のほうが頻繁に「今頃どうしてるかな?」と言い、その言葉でワタシも「そういえば・・・」と思い出す始末。

でも自分の「親」のイメージは昔から「ヒナを巣立たせる親鳥」と同じだったので
無事家から巣立ってくれたのはやっぱり嬉しいし、親としても誇らしい。
ホント大学3、4年生の頃から幼鳥がバタバタと羽をバタつかせて飛び立つ練習をしているイメージがあったもんで自然にその日に備えて心の準備ができてたみたいです。
頑張れ社会人一年生!

ーーーと長男に対しては、こう清々しい思いでいられるのですが、もしも次男が巣立っていなくなったら寂しいかも。
どちらも自分なりに愛情かけたつもりだけど、次男はおっぱいの卒業が遅かったし、いつまでも可愛い記憶があるからね。
性格もワタシと結構似ているし。(笑)やっぱり下の子の方が得なのかな?
でも巣立ちはまだ5年先だからその頃には長男と同じように心の準備ができているのかもしれません。
ていうか、巣立てなかったらどうしようっ!(汗)

ーーーそれまで仕事があるといいんだけどな〜〜。が、もっぱらの心配事です。

子のためにせっせと巣にエサを運ぶあのイメージです。ああ忙しい。
by mieru1 | 2011-04-17 23:11 | 近況報告 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://mieru1.exblog.jp/tb/15287683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yan_two at 2011-04-18 16:57
く、呉!超地元です。なんも無いけど…
福井くんはプロ初勝利でお立ち台で泣いてましたよ…良い試合でした。

うちの小4男子見てたら巣立ちの日なんて想像もつかないけど、一人っ子だし
寂しくなりそう…夫婦二人の生活を楽しめるくらいになれればいいんですが。

でもみえるさんは「空の巣症候群」とは無縁そうで何よりです(^^)
私も生涯現役を目指します~
Commented by mieru1 at 2011-04-19 14:27
> yan_twoさん

あら、地元だったんですか!会社の工場があるそうです。
福井くん、初勝利おめでとうございます。息子にとっても同期生の初勝利はいい思い出と励みになったと思います。

ご子息の巣立ちは当分先ですし、だんだん可愛さが抜けていきますので徐々に心の準備ができると思いますよ。(笑)
自然に子供のほうからも離れてきますしね。
といいつつ未だに可愛いんですけどね。
お腹の出たおじさんになってもまだ可愛いと思えるのかは謎ですが、死んだ祖母によるとそれでも可愛いらしいです。

生涯現役!
ホント生涯仕事があればいいんですけどね〜〜〜。(と弱気モード)
生涯絵を描くためにも飲酒を控えて節制しなければ、と思いつつ酒量が増えているのが何とも。
お互い頑張りましょう!
Commented by そる at 2011-04-19 17:26 x
ふっふっふっ働け~
不忍池上をツバメが飛び交っているです。(暖かくなって虫がどっと出たからさ)
ツバメも働く。子育ては大変だ!
Commented by mieru1 at 2011-04-19 21:58
>そるさん

自分が小さい時、「生き物ばんざい」とか「野生の王国」を観ていたせいか、その頃から人間の子育ても動物と同じイメージだったんですよ。
本当にツバメが巣にエサを運ぶのと同じ。
ツバメの親はあんなに小さな身体で休む間もなく一日中エサ探しに行って、また東南アジアに渡って行くというあのパワーが凄い。あんなに働けませんって・・・・・・(平伏)
そして巣立ったヒナはもう巣に戻って来ない、というイメージも今回さほど寂しく感じない原因かも、と思います。どちらかというと無事巣立って安心した感が強いです。
Commented by mick at 2011-04-20 08:26 x
充分働いてますよぉ。ツバメよりも。
うちも大分前に豚児二頭のそのそ巣立ってますので飯の心配等、生活自体は楽なのですが奴らがいくつになってもなんか気になるのがやだ。生きてる間親って子を心配するのかも(我が両親もそーであった)
これはヒトの業なのかね。
ただ、亡くした愛犬の方ずっとが愛しいのだけれど。
Commented by mieru1 at 2011-04-21 00:52
>mickさん

そういえば以前からいつまでも気がかりだって言ってましたね。
これから色々心配することが出てくるのかしら・・・

愛犬mickですね。家の愛犬は恐ろしいので息子と同じ座にはなれません。(笑)


<< 白狐? Twitterをやってみて気づいた事 >>