学習漫画 世界の偉人伝

amazonで拙著の売れ具合をチェックするのだけれど、下がった順位が上がっているのを見るとその度、卓球の愛ちゃんよろしく「さーーーっ!」と吠えてしまう。(もちろんガッツポーズ付きで)

何度も言うけれど、学習漫画は反響が皆無といっていいので
「本が売れている」=「私ごときの漫画を買ってくださる人がいる!」と思うだけで嬉しいのである。
そういえば長男が「横浜の丸善でみたら1〜3巻が売れていたよ。」と報告してくれて思わず「ホントかよ〜〜〜?」と言ってしまいました。(場所によっては書店売りもあるみたいです)
でもその度「待てよ?実は知り合いが買ってるんじゃないの?」と思ったり
「いやいや返本されたのかもしれないぞ?」と疑ってしまうのである。
ーーー反響が無いので疑心暗鬼になるのが当たり前になってます・・・・・悲しいサガだわ。
で、読んでくれた知り合いが「あの話は泣けたね。」と言ってくれると「ホントにホントに?」と疑いつつも嬉しくなるのである。
そうそう、唯一反響が載るのが「ちゃぐりん」の保護者からのお便りコーナーで、「いのちの歴史」の文字を見つけるとこれまた嬉しいです。(滅多にないけど)
あ、ありがとうございます。うれしいです。(涙)

そして・・・・初版は(部数が少ないので)完売するといいな・・・・。というかこれぐらいの部数も完売されないと悲しい・・・・・。
できれば増刷されるといいな・・・・・(ってそんなことがあるのか?そういえばベトナムでも少部数発行されると聞いたんだけどどうなったのかしら。)

どこの誰だか存じ上げませんが、お買い上げいただき本当にありがとうございます。(´Д⊂ヨヨヨ
そして知り合いの皆様もありがとうございます。(´Д⊂グスン
これからも凹まず精進していきたいと思います。
by mieru1 | 2010-09-06 22:37 | 仕事 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://mieru1.exblog.jp/tb/13939848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by そる at 2010-09-07 17:29 x
そうだ凹むなー。怒涛の凸で行くのだ!
Commented by mieru1 at 2010-09-08 00:26
>そるさん

応援、ありがとうございます!
凸撃あるのみですね!
Commented by mick at 2010-09-08 07:55 x
個人的な感想ですがまことヒトに対して誠意あふれ、偉人は単に偉いという年配者の固定概念を覆す部分もありで読み応え充分。生き生きとした表情が楽しめましたよ。はい♪
こどもも大人も読め〜と言いたいね♪

蒼天航路、30巻まで怒濤の如く突き進んでまいりました。ああー
もう少しで終わっちまうで〜
三国志は出て来る奴らが多く(似たような名前でさ〜)後戻り
しつつ楽しんどりました。
やはり曹操は稀代の奸雄というだけでなく詩も嗜み文人文化を保護したり並ならぬ感性でありえぬ人材発掘に力をそそぎ恐ろしく素早い判断能力のあった闘い好き。私の曹操好きもまんざらではないような気がしてきました。
ま、残虐性については古今東西問わずの時代背景ではありますが。

自らの放屁に驚愕するぶん太。嬉しいぞ、仲間がいてさ〜
術後ガスタンクと化したわたくしもたまに自らのでかい音量に魂消て周囲をきょろきょろ見回すこと多し。ぶ、ぶ、ぶぶぶのぶ〜♪
Commented by mieru1 at 2010-09-09 01:01
>mickさん

そんなに誉めていただき恐縮&嬉しいです。(´Д⊂グスン
偉人と言われる人達の立派でない面も表していきたいと思っているので(普通の人と変わらない面)そう思っていただけて良かったです。

蒼天航路、気に入っていただけてこれまた良かったです。
曹操って文化人の一面もあったのですか。まぁ頭のいい人なら当たり前か。ちゃんと三国志を読んでないのでイメージなんですが、才能ある人間を可愛がるとかあまりいないタイプですよね。どちらかというとそういうのは危険視するのが普通だと思うので。そういうところが魅力なのかな。(懐が広い)

mickさんの強烈な放屁をぶん太が聞いたら驚いて唸りそう。(笑)
今日は久々に涼しいのでぶん太は早くから寝てます。助かる。
犬も時々寝言を言うけどこれまた楽しいです。ある時は死にそうな声を出していて驚いたけど。
<< 検査結果 ビビリのぶん太 >>