いや〜〜〜、まいった

なにがって、インテルMacになって初めてのモノクロ原稿の作業がですよ。

始めは快適に作業が進んでいたんですが、残り2枚になったら挙動不審に。
ショートカットキーが反応しないのと、ファイルが開かない、そして「終了」できない。
メモリを増やして解決したと思ったのに、どうも無理して使っているせいか
思いがけないトラブルが発生します。

インテルMacでOSはSnow Leopardを使っている漫画家はトーン作業はどうやっているんだろうか?
コミスタ4.0もパワートーンが以前の物が使えないとか(使うにしても面倒な登録作業があるとか)パワートーンの使い勝手の良さに比べると問題があるとか。
そういえばトーンを使わずブラシで濃淡つけている漫画家もいたな。
あれはトーンを貼ることは考えていないんだろうな・・・

とにかくMacは高い上にマイノリティーすぎて困ります。
漫画をデータで描くにはやっぱりWindowsなのかなぁ・・・・

今回は無事終わるのかの心配と、使い勝手に気を遣うのとで
腸がおかしいのも意識できるほどストレスを感じました。
こんなに漫画を描くことにストレス感じるなんて・・・
漫画を描くって楽しいものだよね?
なんだか悲しくなってしまいました。

かといってWindowsに乗り換えるのも、アナログ原稿に戻るのも現実的でないし。
(「ちゃぐりん」では写植屋さんが潰れてしまって対応できなくなりつつあるそうです・・・
大手はどうか知りませんが。)
OSやソフトのバージョンアップでいずれパワートーンも使えなくなるでしょう。

なんとか脱稿できたので一安心ですが、今後の作業について考えていかなければいけません。
あ〜〜あ。まいったなぁ。
by mieru1 | 2009-11-27 16:10 | 仕事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://mieru1.exblog.jp/tb/12398851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by そる at 2009-11-30 10:32 x
昔はグラフィック系といえばMacだったのにのう............わしはその頃のMac使いなんで(古い。古過ぎる.......)、今そんなに大変とは知らなんだ。つか、Mac専用の対応ソフト(トーンとかの)はないんすか?ユキヒョウ自体が最新バージョンなので対応が追い着かないんすかね?..........まあPCの宿命だすが。
Commented by mieru1 at 2009-11-30 22:56
>そるさん

多分大変なのは未だに古いソフトを使っているからだと思いますが、アマチュアの漫画描きが使うマシンがWindowsなので、必然的にWindowsメインになっていると思います。(あっ、これはセルシスという漫画制作ソフト会社の話なんですが)
おかげで以前からMacを使っているプロが割を食っているような気がします。

従来の使い勝手でIntel Mac対応で開発してくれれば割高でも買う人は結構いると思うんですけどね・・・

そのくせMacサイドのニュースではWindowsからMacに乗り換える人が増えている、と発表してるんですが。(7にバージョンアップするには旧マシンではできないからとか。)

PCの発展には古い機種、ソフトは乗り換えなくちゃいけないのは必然的でもやっぱりエコじゃないよな〜〜〜。
<< いや〜〜〜、まいった2 胃がもたれるんです >>